Menu

    海外セレブも経験している!?インポスター症候群とは?

    「私は、目立ってはいけない」私にはそんな価値がない」って心の中で呟いていることありませんか?実は、それ、ある症状のひとつかもしれません。

    他の症状として、
    「自分にはできない」
    「まだ自分は十分でない」
    「自信が持てない」
    そのような心の声があることも多いです。

    一体、なんの症状なのかと言うと・・・

    『インポスター症候群』です。

    インポスター症候群の人は、自分の努力や成功を認められず、不安や自分への疑いの気持ちを抱えてしまう傾向にあります。

    トップセレブも悩ませるインポスター症候群

    インポスター症候群は、男性よりも女性の方が発症しやすいと言われています。さらに、社会的に成功しているセレブにも、その症状を公表している人が多くいます。

    例えば、ハリウッド女優のメリル・ストリープナタリー・ポートマンエマ・ワトソン。また、世界的シンガーのレディー・ガガジェニファー・ロペス など。

    彼女たちも、「わたしはそんなに褒められる資格なんてない」「自分にはステージに立つ価値がない」と、感じたことがあると明かしています。

    インポスター症候群は乗り越えられる

    そう教えてくれたのが、ドゥーガル・フレイザーです。彼も、インポスター症候群に悩まされた経験があると言います。ですが、ドゥーガルは“カラー”のエネルギーを使い乗り越えてきました。

    なぜ、カラーのエネルギーでインポスター症候群を克服できるのか?

    それは、インポスター症候群はインナーチャイルドと深く関係があり、カラーのエネルギーでインナーチャイルドを癒すことで、自分に自信と勇気を与えられるからです。

    そうすることで、本来のパワフルな自分を取り戻し、今までできないと思っていたことにもどんどんと挑戦できます。結果的に、あなたの人生のステージアップが叶うでしょう。

    3つのカラーのアクティベーションで幼少期の心の傷や制限を癒す

    インナーチャイルドを癒し、インポスター症候群を克服していく、3つのカラーアクティベーションを受け取っていただける、ドゥーガルによる「インポスター症候群のセミナー映像」を今だけ販売中。

    こちらの3つのカラーアクティベーションを受け取っていただけます。

    1)自分を否定する声に気づき愛を受け止める <ピンクのアクティベーション>

    2)自分の内なる真実と繋がり思考の”ウソ”を取り除く <ブルーのアクティベーション>

    3)インナーチャイルドを救い出して癒す <パープルのアクティベーション>

    この3つを受け取っていただくことで、あなたの本当の望みを叶えるパワフルな原動力となり、これまでのあなたとは違った結果を引き寄せていくことが可能になっていくでしょう。

    多くの女性にお届けしたい、パワフルな癒しが詰まった120分の内容となっています。

    【7月17日までの限定販売】

    ドゥーガル・フレイザー / Dougall Fraser

    全米TOPサイキックコーチ。
    LA在住。生まれながらのサイキック。
    幼いころから人や動物、植物が放つオーラが見えていた。
    わずか8歳には大人たちへのセッションを行う。

    20歳の若さでアメリカのベスト・サイキックTOP100に選出され、人気テレビ番組にも多数出演してきた。オープンで親しみやすい人柄と鋭い透視能力、圧倒的な情報量で世界中の人々を魅了。今までにセッションした人数は1万人を超え、アメリカの大物セレブやVIPなどドゥーガルを大絶賛。日本でも著名人との交流があり、その能力や愛のある人柄にファンも多い。2019年には日本語訳になった著書『カラーマジック』が発売。色にはそれぞれ力があり、日常生活に取り入れる方法を実例とともに紹介する内容に「わかりやすい!」と評判に。

    また、幼少期から両親には「自分の過去世は日本人だった」と伝えており、日本への想いを強く持ち続けている。日本へは、「日本人の皆さんが“ありのままの自分”でいられるサポートをしたい」というビジョンのもと、2015年から毎年来日をしている。その言葉通り、来日イベントではドゥーガルの大きな愛と癒しに、たくさんの方が感動し大人気イベントとなっている。

    著:ドゥーガル・フレイザー, 翻訳:穴口 恵子
    ¥2,970 (2022/08/07 05:48時点 | Amazon調べ)
    あわせて読みたい
    ドゥーガル・フレイザー的!日常を豊かにするヒント【私の5つの大切なもの】 若干20歳で全米TOPサイキック100に選出。海外セレブや著名人を含めこれまで1万人以上にサイキック・リーディングをしてきたドゥーガル・フレイザー。 夢のようなキャリ...
    この記事を書いた人

    高梨 はるな

    ライター・プロモーター

    小学校教師を目指していたものの、試験に落ちたのをきっかけに、オーストラリアでのワーキングホリデーを決意。オージー(オーストラリア人)の自分らしく人生を楽しむ国民性に影響を受け、自由で自分らしい働き方を実現するために、セールスライティングを始め、フリーランスという働き方を叶えた。講師が伝えたいことを代弁し、講師とあなたのご縁を繋げられるように、共感性を大切にしながら発信している。


    高梨はるな 記事一覧

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!