Menu

    母として、スピリチュアルティーチャーとして。魂に導かれて生きるレベッカ・キャンベル

    オラクルカードをはじめとして、3冊の書籍を出版し、20カ国語に翻訳されたベストセラー作家であり、スピリチュアルティーチャーのレベッカ・キャンベルに、魂に導かれた生き方についてインタビューをしました。

    オーストラリアのシドニー出身のレベッカは、魂のささやきに従って、現在はイギリスのグラストンベリーで、夫と2人の子どもと暮らしています。

    レベッカの話を聞くと、彼女の決意の強さと行動力に驚かされます。それと同時に、「私にもできそう!」と、思えるほどシンプルなことを継続されています。

    母として、起業家として、スピリチュアルティーチャーとしての顔を持ちながら、すべてを両立させる姿があなたの励みにもなるでしょう。

    INDEX

    レベッカが大切にしている「魂に導かれた生き方」とは?

    レベッカ・キャンベル

    レベッカは、「私たちの魂は毎日一瞬一瞬、常に私たちに呼びかけている」と言います。

    魂の呼びかけに耳を傾けて行動する習慣を身につければ、流れに導かれて生きている自分に気づくことができると、彼女は信じています。レベッカはこれを「魂に導かれた生き方」と呼んでいます。

    魂に導かれて生きる方法の1つとしてレベッカが教えてくれました。「植物を見て、美しいと感動することで、“いま、ここ”に戻ることができます。“いま、ここ”に戻ることは、魂をあなたの身体に戻すことでもあります。」と。

    すると毎瞬、あなたに話かけてくれている魂の呼びかけが聞こえるようになってくるのです。

    クリエイティブ・ディレクターとして活躍!会社員時代のレベッカ

    今は、ベストセラー作家やスピリチュアルティーチャーとして活躍するレベッカですが、以前からスピリチュアルな道を進んでいた訳ではありませんでした。

    作家としての活動を始める前、レベッカは受賞歴のあるクリエイティブ・ディレクターとして、ロンドンとシドニーの世界トップクラスの広告代理店に勤務していました。世界有数のブランドの案件を受けながら、成功のキャリアを築いてきたのです。

    そして20代後半から、レベッカはスピリチュアルな勉強を次の段階に進め、魂の内面を探求することにライフワークを捧げることを決意しました。

    レベッカはこれまで第六感コンサルタント、第六感ティーチャートレーニングなど、第六感(直感)を受け取るトレーニングを多く積んできました。

    レベッカが身につけた直感力は、バラをはじめとするさまざまな植物とのコミュニケーションやエネルギーワークにも活かされています。

    レベッカの人生を大きく変えた“自分との約束”

    「私がこれまでにした最高の決断は、毎日スピリチュアルな実践を続けると、自分と約束したことです。」と、レベッカは話します。

    レベッカ・キャンベル

    それ以前は、気が向いたらやってみるというような、少し手を出す程度だったと言います。だから、人生が不安定になった時や、忙しくなった時、後回しにしてしまいがちだったと。

    もしかすると、これを読んでくださっているあなたも共感しているかもしれませんね。

    「でも、人生が不安定な時や忙しい時こそ、スピリチュアルな実践が一番必要だったのです。」

    2010年、レベッカはついにスピリチュアルな実践を一貫して続けることを自分に約束しました。彼女はその時を振り返り、「このときから私の人生は変わり始めました。」と言います。

    レベッカは、スピリチュアルな実践の場に参加するほど、自分の魂と直接的な関係を築き、直感を聞くことができるようになっていくのを実感していました。さらに、「魂のささやきに耳を傾けるだけでなく、毎日、毎日、行動することを誓ったのです。」

    やがてレベッカは、本当に魂に導かれた人生を送っている自分に気がつきました。人間関係が充実し、勇気を出して前職を辞め、ビジネスを始め、創造性が開花し、出版作家になるという夢を実現しました。

    ここまで読んだあなたは、レベッカがどんなスピリチュアルな実践を続けてきたのかが、気になっているでしょう。

    レベッカは当時、10分間の瞑想から始めました。そして、母になるというライフスタイルとともにその内容も変化していきました。

    「10年以上経った今でも、継続的にスピリチュアルな実践の場に参加しています」と語るレベッカ。プロになった今でも、自らが学びの場に参加し続けるのが、レベッカがパワフルに活躍し続ける所以なのかもしれません。

    当時の自分と今の自分を比べ、レベッカは言います。「私の人生全体が見違えるように変わりました。より幸せに、より軽く、よりインスパイアされ、より目的意識を持つことができたのです!」

    2人の子どもの母としての葛藤

    レベッカは、3歳の男の子と0歳の女の子の母親でもあります。長女の出産の時を振り返り、当時の胸の内を明かしてくれました。

    「当時の私は、魂の使命をもった母親としての天職を尊重するにはどうしたらいいか?どうすれば、産休を取りながら、チームでビジネスを運営し、コミュニティに貢献できるのか?について悩んでいました。」

    多くの起業家がそうであるように、仕事は自由にできる反面、常に“オン”の状態でいなくてはならないことに、レベッカも葛藤を感じていたようです。

    この問題を解決するために、コーチを雇い、以前からやりたいと思っていたけれど、どうすればいいかわからないことや、できないと思っていたことを実行に移す手助けをしてもらったと言います。

    この出来事から、レベッカは「私がコントロールを解放し、サポートされることへの意欲を高めなければならなかった」という学びを得たそうです。

    娘の出産から約半年経った今、レベッカは産休から復帰して、母として、スピリチュアルティーチャーとして奮闘する姿が、レベッカのインスタグラムから伺えます。

    自分の時間をとって、スピリチュアルな実践をしたくても、子どもがそうさせてくれない時もありますよね。それは、プロのスピリチュアルティーチャーとして活躍するレベッカも同じです。

    それでも、実践し続ける方法があるのです。レベッカが、毎日実践してきたスピリチュアルなワークを知りたくないですか?

    後悔しない人生を送るために今から始めませんか?
    魂の呼びかけに耳を傾けて魂の使命を歩む3日間コース

    レベッカ・キャンベル3日間コース

    世界中で数万人以上の人々を、導いてきたレベッカ・キャンベルが、彼女の人生を変えた「魂の使命を歩む方法」を3日間ですべてお伝えします。

    さらに、オラクルカードの著者であるレベッカから、オラクルカードを使って魂の呼びかけを受け取るワークの方法も学べます。

    魂の呼びかけに耳を傾けて、魂が望むことを実現し続けませんか?

    レベッカ・キャンベル Rebecca Campbell

    イギリス・グラストンベリー在住

    ・スピリチュアルティーチャー
    ・ベストセラー作家

    『ライトイズザニューブラック』『ワークユアライトオラクル』などのベストセラー書籍、美しいアートワークで一躍話題となった『ワークユアライトオラクル』『スターシードオラクル』などの大人気オラクルカードのベストセラー作家。彼女の書籍とオラクルカードは18言語に翻訳されており、世界中で愛されている。

    世界中の様々な国でワークショップやオンラインコースなどを通して、人々が「Soul-led life=魂に導かれる人生」を送ることをサポートしている。

    TEXT
    高梨はるな

    高梨 はるな

    • ライター
    • セールスプロモーター

    小学校教師を目指していたものの、試験に落ちたのをきっかけに、オーストラリアでのワーキングホリデーを決意。オージー(オーストラリア人)の自分らしく人生を楽しむ国民性に影響を受け、自由で自分らしい働き方を実現するために、セールスライティングを始め、フリーランスという働き方を叶えた。講師が伝えたいことを代弁し、講師とあなたのご縁を繋げられるように、共感性を大切にしながら発信している。


    高梨はるな 記事一覧

    Pick Up Event

    レムリアの魔法学校体験説明会
    レムリアの魔法学校体験説明会
    ハイヤーセルフ覚醒コース
    ハイヤーセルフ覚醒コース
    ライジングドラゴン・アシュタールジュエリー・スペシャルフェア
    龍 スピリチュアル
    聖なるハートの空間の瞑想会|穴口恵子
    聖なるハートの空間の瞑想会|穴口恵子
    ネオ・レムリア・セイクリッド・リチュアル|穴口恵子
    ネオ・レムリア・セイクリッド・リチュアル|穴口恵子
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    INDEX