Menu

    世界的ヒーラー スザンナが教える、73の願いが叶った方法&【完全無料】セドナ×セントジャーメイン 2022年の新年にふさわしいアクティベーション

    2021年を迎えたとき1年の願いを書きませんでしたか?

    多くの人は、
    ・新調した手帳に書いたり
    ・ビジョンボードを作ったり
    ・引き寄せノートに書いたり

    私も毎年、新年にはノートにやりたいことリストを100個書いています!

    ですが、「叶ったのは12、13個・・・」という時もありました、、、。

    なぜ、叶わなかったのか?
    それは「書き方」が大事だったのです!

    この方法で100個の願いのうち73個が叶いました!!

    これまで数々のビジョンの具現化で、たくさんの夢を叶えてきた スザンナ・ソフィア・ハート『願いを叶い続ける1年にするための大切なポイント』を聞いてきました。

    スザンナ・ソフィア・ハート Susanna Sophia Hart

    セドナ在住・ハリウッドセレブ御用達のスピリチュアル・ティーチャー
    シャーマニック・エンジェルセラピスト。

    持ち前の華やかさと芸術的センスで幼い頃よりモデルや女優、ダンサーとして活躍。ハリウッドの映画ディレクターとして映画制作会社に勤務し、数々の有名映画を手がける。

    10代の頃からスピリチュアルの世界に親しみ、占星術やエネルギーワークなどのスクールで認定資格を取得。ハリウッドではビートルズのジョージ・ハリソン、アカデミー賞歌手のバーブラ・ストライサンドなど、超一流の著名人たちにカウンセリングを行ってきた。

    約20年前、セドナのビジョンクエストの際に稲妻に打たれ、人生の大きな変化を体験した後、エンジェルリーディング、シャーマニックヒーリングといった現在の活動を開始。ペルーのシャーマンや、エジプトのイシス神殿、インドなどを訪れ、世界の様々なスピリチュアリティーに触れて、自身を磨き続けている。

    2005年には、LAコンフィデンシャル誌で『GOOD MEDICINE:LAのベストドクターズ』に、スピリチュアルリーダーとして選出されている。

    1.新年の新月に願い事を書き出す 

    新年の新月には、“生まれ変わり” スタート“の新しい流れを作るエネルギーが強まります。
    それによって、今まで変わらなかったことも変化させやすくなるので、願いが叶いやすくなります。

    2.願い事を書く前にフラットになる

    woman sitting on sand

    恐れや不安は、それだけでも大きなエネルギー。
    その状態のまま願いを書き出しても“本来の願い”からブレてしまうのです。

    瞑想やヒーリングを受けて、魂がフラットになった状態で、願いを書くことが何よりも大切です。

    あなたの願いに超現実化のパワーを吹き込む!新春無料アクティベーション

    世界的に有名な聖地「セドナ」から、あなたの望む人生の創造をサポートしてくれる存在「セントジャーメイン」のサポートを受けて、スザンナ・ソフィアハートが 2022年1月3日(新月)にアクティベーションをお届けします。

    その名も、『ソウル・ビジョン無料アクティベーション』

    2022年、あなたの魂からの願いに、超現実化のパワーを吹き込む、そのサポートを受け取りませんか?

    セントジャーメインの浄化のエネルギーと変容のパワーで、今のあなたの周波数からあなたの願いが叶った時の高い周波数を先取りできます。

    『ソウル・ビジョン無料アクティベーション』ではこのようなことが受け取れます。

    ・恐れや不安・疑いから解放される
    ・魂のビジョンを叶えることを阻んでいるものを手放す

    ・魂やマインドの周波数を引き上げる
    ・宇宙からの愛・恩恵を受け取れるようになる

    アクティベーションが送られるのは、2022年1月3日の午前3時半
    もちろん、あなたが眠っていても受け取れますので、ご安心ください。

    ただし、【3000名限定】です。今すぐお申し込みくださいね。

    \ 1月3日の新月に開催 /

    この記事を書いた人

    高梨 はるな

    ライター・プロモーター

    小学校教師を目指していたものの、試験に落ちたのをきっかけに、オーストラリアでのワーキングホリデーを決意。オージー(オーストラリア人)の自分らしく人生を楽しむ国民性に影響を受け、自由で自分らしい働き方を実現するために、セールスライティングを始め、フリーランスという働き方を叶えた。講師が伝えたいことを代弁し、講師とあなたのご縁を繋げられるように、共感性を大切にしながら発信している。


    高梨はるな 記事一覧

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!