Menu

    「やりたくないことはやらなくていい」と手放す前に確認してほしい、“やりたくない”の下に潜む思い込み

    「好きなことをだけをやろうやりたくないことはやらなくていい」

    スピリチュアルを学んでいくと、この言葉をよく耳にします。数年前の私は、好きなことだけやっていいんだ、やりたくないことをやめていいんだと、この言葉の意味を表面だけしか理解していませんでした。

    その当時の私といえば、好きなことは寝ることだから、ずっと寝ていたい。お金の心配もしないで、働かないで、ずっと寝ていたい。それが私の好きなこと。販売やりたくないし、仕事をしたくない。と思っていました。

    実は、この他にもびっくりするくらい「やりたくないこと」がいっぱい溢れていたんです。「やりたくないことをさせられている」毎日そんな意識で仕事をしていました。好きなことは寝ることなのに、やりたくないことばかりで溢れている毎日。あの当時は本気でそう思っていたんです。

    そんな風に思っている私に、ある日突然こんなメッセージが降りてきました。

    やりたくないならやめていいよ。他にやりたいことあるなら、それをすればいい!
    でもここでこのまま働きたいなら、やりたくないやりたくないって思いながら仕事をするより、どうやったら楽しくなるかを考えてみようよ。

    確かに!!!

    嫌だ、嫌だと思いながら時間を使うのはもったいないから、どうやったら楽しくなるか考えてみよう。そこからは少しずつ少しずつ、仕事が楽しめるようになっていって、やりたくいないと思っていることに対して、その根底にある思い込みに気づいたのです。

    たとえば、

    販売= 買いたくないものを売りつけることだ という思い込み
    仕事= やりたくないことをさせられるもの
    という思い込み

    そして、その思い込みを手放して、新しい設定に書き換えることを一つ一つやっていきました。

    販売= 目の前の人が最高に幸せになるサポート に書き換え
    仕事= 自分の可能性を開くもの に書き換え

    そこからはどんどん仕事が楽しくなって、仕事を任せられるたびに自分の可能性が開かれていくんだなぁ、と思えるようになっていったんです。そして、どんどんやりがいが出てきて、やりたくないことだと思っていた仕事が、好きな仕事に変わっていったのです。

    だからもしも、「やりたくない」という感情が浮かんだときは、「どうしてそれをやりたくないのか?」を追求してみると「本当はやりたいけど自信がない」「本当はやりたいけど、自分の実力では不十分だ」など、ネガティブな思い込みを持っているのかもしれません。

    やりたくないと思っていることの下に、魂が望む本当にやりたいこと、好きなことがありますよ。

    やりたくないことを手放す前に一度自分の心とじっくり向き合って「やりたくない」の下に潜む感情や思い込みを見てみてくださいね。

    この記事を書いた人

    永井 亜樹 / ながい あき

    株式会社 ダイナビジョン 代表取締役社長
    アセンション・ライトワーカー

    好きなことがわからず、自分が何のために生まれてきたのがわからず、時給900円のアルバイトで途方に暮れていた時代を経て、〇〇億円を回す会社の代表取締役社長就任。男嫌いだったにも関わらずパートナーにも出会え、幸せな結婚をして、可愛い娘にも恵まれる生活をしています。日常にスピリチュアルを活用して、多くの方がより自由に豊かに生きれるよう、スピ+リアル・ライフを広めています。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!