Menu

    豊かさの流れも変わる!?スピリチュアル的2023年節分&立春の過ごし方

    「鬼はー外!福はー内!」

    お正月が過ぎ、バレンタインの前に訪れるイベントといえば「節分」。そして節分の翌日には春の訪れを知らせる「立春」がやってきます。

    実は、スピリチュアル的にも「節分と立春」は大切な一日になります。節分と立春の過ごし方や考え方ひとつであなたの2023年の豊かさが変わってくることをご存知でしたでしょうか?

    そこで今回は、スピリチュアル的な視点で見た2023年の節分と立春について、未来帝王学の創始者の川地晶子さんに伺いました。

    2023年の節分と立春の過ごし方もご紹介していているので、春に向けて豊かになりたい方必見です!

    INDEX

    スピリチュアルな視点で見た節分・立春とは?

    2023年は、2月4日(土)が立春で、二十四節気においての春の始まりです。未来帝王学では、立春から新しい年がスタートします。そして、立春の前の日に当たるのが、2月3日(金)の節分です。立春がお正月だとすると、節分は大晦日になります。

    スピリチュアルの世界で節分は「季節の分かれ目」と呼ばれており、宇宙エネルギーの中で時間軸の区切りのタイミングでもあります。

    「季節の分かれ目」は、植物に例えると、種を撒いて、芽がでて、つるができて、実ができて、収穫して散っていくという1つのサイクルの区切りのタイミング。

    種を撒かないと実が育ちません。でも、むやみやたらに種を撒くのではなく、なんの種を撒くかを明確にするのがポイントです。

    まさに、節分は種まきにぴったりな時期自分の心の種=「やりたいこと」を探し、具現化するための種を撒きましょう。

    立春

    そこで一つ注意点があります。夏の花の『朝顔』の種を、冬に撒いても芽が出ないのと同じように、春にやるべきことを、先延ばしして夏にやっても芽は出ません。1つの種を撒いたらいつ実がなるのか、“サイクル”を確かめた上で、あなたの人生に種を撒いてくださいね。

    スピリチュアル的な立春のエネルギーは“ワクワク”

    春と聞くとどんなことをイメージしますか?入学式、入社式、お花見、歓迎会、送迎会、など出会いと別れの季節である春。

    別れは寂しいけど出会いもあり「ワクワク」するエネルギーが立春にはこめられています。

    立春

    立春を迎えるにあたりポイントになるのが「未来にワクワクすること」ワクワクするまで自分の心と向き合ってください。

    もし、あなたが「最近疲れたなぁ」と感じたら「休憩」の種を撒いてください。休憩という種をまいたら、満足するまで休んでください。

    そう聞くと「そんなに休んで怠けているみたい…」と休むことに罪悪感を感じるかもしれませんが、休むと決めたら自分を責めるのではなく、種を撒いたことにコミットして、休んだ自分を褒めてあげましょう!

    2023年節分のスピリチュアル的な過ごし方とは?

    節分の次の日の、立春から新しい1年に切り替わります。そのため節分は、心の切り替えを行う大切な時なんですね。

    地球上に、肉体を持って生まれてきたことを味わったり、今まで生きてきたことに喜びを感じたり、すべて喜びとして感じてください。

    そして、今ある心の状態を無視せず、自分に目を向けてください。ただただ自分の中から湧き上がってくるものを意識していると、ハイヤーセルフからのピュアなメッセージや、エネルギーが降りてきます。

    そして、潜在意識から顕在意識の中で自分が何を感じているのかを、受け取れる特別な日なのです。

    立春を迎える前に スピリチュアル的に準備しておくべきこと

    立春を迎える前にスピリチュアル的に準備すること。それは「イメージ」です。

    「え、イメージですか?コスメを新調するとか、もっと物質的なものだと思っていました」そんな声が飛んできそうですが、必要なのはあなたのハートだけです。

    具体的にどんなイメージをするかというと、その季節を象徴するもの。

    立春と聞くと春を連想しますよね。春といえば寒かった冬から徐々に暖かくなってくるシーズン。

    たとえば「お花畑」をイメージしてください。

    ・あなたはお花畑にいます
    ・あなたは好きなお花に囲まれています
    ・小鳥の囀りや風の音が聞こえます
    ・お花の上にはミツバチが飛んで心地良い春の風が吹いています
    ・天然のお花の甘い香りが漂っています

    お花畑にいる感覚を五感を使って感じてください。

    まるであなたがお花畑にいるかのようなイメージを膨らませましょう。お花畑に行くことは今すぐできないけど、イメージはどこでもできます。

    お花畑

    2023年の立春以降 スピリチュアル的に気をつけておくべきこと

    2023年は「風の時代の中の風」といわれています。風のように軽やかになり、「ご縁」が広がる年となるでしょう。あなたが種を撒いたご縁が広がる時代でもあるので、誰とコミュニケーションを取りたいか、どこのコミュニティにいたいか、つながる人や環境を選ぶことが大切です。

    そしてご縁を広げるには「憧れの人のSNSをみて出会うイメージを持つ」ことも、とても大切になります。繰り返しになりますが、イメージはとても大事だからです。

    イメージしたことは現実になります。たとえば、イメージし続けていると、ある日突然憧れている人のSNSでコンサートの情報がきたり、偶然道端であったりなど、自分の頭では考えられないことがたくさん起こるでしょう。

    「イメージしていた自分でしか喜べない」ことです。イメージし続けると現実が変わります。

    また2023年はいろんな情報があふれるので、あっちもこっちもアンテナを立てると、何を叶えているかわからなくなります。自分が欲しい情報を自分から取りにいく姿勢が大事になってくるのです。

    節分&立春のキーワードは「オープンハート」

    情報を受け取るときに意識していただきたいのが「ハートをオープンにする」。

    あなたが知りたいことはあなたの周りに散らばっています。

    ハートをオープンにするには、一見恥ずかしいな、言いたくないなと思うことを言葉にして伝えてみてください。

    オープンハート

    身近な人に「ありがとう」や「愛してる」と、感謝や愛情など「今更恥ずかしい」と思うようなことを、改めて伝えることでハートがオープンになります。

    一方でハートを閉ざしてしまうと1年間何も成長ができなくなる難点も…….。なので節分をきっかけに勇気を出してハートをオープンにすることを心がけてみてくださいね。

    心やオープンハートと上手に向き合うと、やりたいことや好きなことも見えてきます。自分の心に正直になって2023年の節分&立春を迎えましょう。

    川地 晶子(ACCO) / かわち あきこ(あっこ)

    未来帝王学創始者
    女性起業家専門 才能開花コンサルタント

    レムリアの魔法学校(DSTJ)国際認定ヒーラー
    多次元ヒプノ ファシリテーター

    幼少の頃に自分の才能に氣がつく。その後、師でもある穴口恵子氏と出会いドルフィンスターテンプルで才能を開花し、チャネリングがどこでも出来るようになる。聖地シャスタ、セドナ、ハワイ、バリ、インド、マチュピチュ、ギリシャなど世界各国の聖地で潜在意識にアクセスし感覚を磨き続け、セッションやチャネリングは、1万回以上にもなる。

    20代で設備会社の代表取締役に就任。現在は、株式会社シラス心取締役であり、全国でドルフィンスターテンプル国際認定ヒーラー活動、多次元ヒプノ講師、女性起業家専門才能開花コンサルタントとして精力的に活動をしている。

    TEXT
    ライターまり

    まり

    • セールスコピーライター
    • 会社員

    1990年生まれ、大分県出身。現在は海から徒歩5分の湘南に在住。酒をこよなく愛するアラサー。2021年にコーチングを受け自分の事が少しずつ好きになり、自分の使命を見つける。同年にセールスコピーライターとして活動をスタート。宇宙人と写真撮影してSNSにアップするのが夢なスピリチュアル超初心者。▷趣味:ビール/日本酒/ボクシング/ランニング/サウナ/SNS/ひとり旅 ▷座右の銘:迷ったらやる&行動が全て

    Pick Up Event

    レムリアの魔法学校体験説明会
    レムリアの魔法学校体験説明会
    ハイヤーセルフ覚醒コース
    ハイヤーセルフ覚醒コース
    ライジングドラゴン・アシュタールジュエリー・スペシャルフェア
    龍 スピリチュアル
    聖なるハートの空間の瞑想会|穴口恵子
    聖なるハートの空間の瞑想会|穴口恵子
    ネオ・レムリア・セイクリッド・リチュアル|穴口恵子
    ネオ・レムリア・セイクリッド・リチュアル|穴口恵子
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    INDEX