Menu

    【7/10~8/30までの過ごし方】マヤの宇宙エネルギーを活用して運命を変える|D:I.V.Aのマヤ暦レッスン

    マヤ暦って何?

    マヤ暦って、聞いたことあるけど、わからない。という方も多いと思います。ぜひ、こちらを参考にしてみてくださいね。

    あなたの本質に戻る期間がスタート

    マヤ暦の1年は260日。260日は大きく5つの城(52日×5)に分けられるということを書かせていただきました。

    【第一の城 5/19~7/9(種まきの期間)260日の目標を意識して、種をまいていくとき】が終わって、いよいよ7月10日から新しい流れ手に入りました。

    今回は、【第二の城 7/10~8/30(鍛錬の期間)不要なものを捨てて、自分に向き合っていくとき】について、お話させていただきます。

    この流れを意識していただくと、宇宙のサポートが入り、ますますシンクロが起こりやすくなります。

    マヤ暦から読み解く、第二の城(7/10~8/30)の過ごし方

    赤い空歩く人の13日間(7/10~7/22)

    現状把握が大事です。自分の立ち位置をしっかり押さえて、足元を固めてみましょう。そしてどんどん人と接して、人の成長を手助けすると、自分がさらに成長できる期間となります。

    白い世界の橋渡しの13日間(7/23~8/4)

    人と人との橋渡しがすることで、エネルギーが拡大します。自分が持っている、執着、思い込みをどんどん手放してみましょう。悩みも手放して。

    青い嵐の13日間(8/5~8/17)

    いろんな変化が起こってきます。決めつけ、こだわりを捨てて、流れに身を任せてみましょう。変化を恐れないことが大事です。さらに相手を思いやれば、理解者が出てきます。

    黄色い人の13日間(8/18~8/30)

    内なる可能性に、しっかり向き合ってみましょう。自分に対して偽らないことが大事です。自分の目指す道、意志をしっかりと確認、信頼してみてください。きっと、道が切り開けてきます。

    D:I.V.Aからのメッセージ

    第一の城で種まきをしたものが、いろんな形になってどんどん出てきます。つらいことも、楽しいことも、迷うことも・・・そんな時は、自分と向き合って、しっかり進んでいくことが大事です。自分を信じて、今に集中してみてください。それが、次へのステップへのトレーニングとなります。ぜひ、素敵な日々をお過ごしください。第三の城の過ごし方は、また次回お伝えします。

    この記事を書いた人

    D:I.V.A

    ドルフィンスターテンプル®ジャパン
    ・FSP国際認定ヒーラー
    ・アシスタントティーチャーコース修了
    DSTJアンバサダー
    ・マヤ暦アドバイザー
    ・フラワーエッセンスカウンセラー
    ・ライタリアンレイキⅥ
    ・M.B.A.(Master of Business Administrator)
    ・趣味:歌、ピアノ、作曲

    仕事一筋で生きてきた人生。全力疾走してきました。ですが気づいたら、なぜかこの世界へ。ドルフィンスターテンプルに入学して、自分がなぜ生まれてきたのか、自分に使命はなんなのか?自分の本質に繋がることができて、生きることが楽になりました。いつも頑張っているあなたが、ハッピーになれるお手伝いがしたいと思っています。

    \ ZOOM体験説明会 開催中/

    最新記事

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!